House K

 

 計画地は、接道する駐車スペースを除き、前面道路よりも盛土されており、周辺の住宅はすべて新築で構成された住宅街に位置している。

 

設計時に敷地周辺が更地だったことや、密集した区画割りであったことも考慮され、クライアントからの要望は、極力周辺から閉じることと、極力コストを抑えたいということであった。

 

3人家族のクライアントに対し、LDK/主寝室/子供部屋の3つの空間をそれぞれに応じたボリュームで設計し、それらをつなぎ、周辺から閉じるように卯建壁を設ける計画とした。

 

隣地境界に近接して周辺の住宅が建つことが想定された為、東西面には窓を設けず、南北側に窓を設け、プライバシーに配慮しながら採光及び通風を確保している。もともとあった敷地高低差をそのまま内部空間に取り入れ、キッチンからの視線とダイニングカウンターに座った時の視線が合うように工夫されている。勾配屋根の断面形状はそのまま室内側にも現し、極力床を上げないように設計することで、効率的な空間利用を目指した。

 

プロジェクト概要:

計画地: 千葉県

用途: 個人住宅

規模: 71.05m2