油津テラス

 

オフィス、商店街としての空間用途の隙間に「油津テラス」と呼ぶ交流スペースを設ける計画。

 

 1. 集中して業務を遂行できるIT執務空間

アーケード上である3Fに設けられる執務空間

は、油津テラスと接続しながらも、開放的で集中して業務を行えるフリーアドレス式の空間として計画します。3Fを執務空間として活用する事で、異種用途から発生する無駄な法的区画や動線を排除し、効率的に空間の活用とコスト削減を目指します。

 

2. 新しい交流スペース「 油津テラス」

アーケードから連続する油津テラスは、オフィスで働く従業員、地域の来訪者の憩いの場所として機能します。執務空間と店舗を施錠する事で、業務時間外や週末でも活用できるスペースとします。地域のイベントや様々な催し物に対応できる商店街に開かれた新しい交流スペースとして、地域に貢献し、企業価値を高めます。

 

3. 商店街の活性化と収益性を高める店舗

1Fに設けられる将来対応の店舗スペースは、

商店街をより活性化させ、オフィスへの来訪者の動機付けにもなり、建物全体としての収益性を高めます。企業を誘致することで、本計画だけでなく、油津商店街の将来に貢献します。また、本計画工事中に資材置場や、リアルなダンドリワークの発信場所として機能させ、2ヶ月間での改修工事を円滑に進めると共に、自社製品のPRにつながる場所として計画します。

 

プロジェクト概要:

計画地: 宮崎県

用途: オフィス

規模: 338m2