Massage shop in Asakusa 

 

計画地は、浅草、東本願寺に面する通り沿いに位置している。伝統的な建築郡が軒を並べ、路地空間が連続した浅草という立地条件を踏まえ、路地空間を延長したようなジグザグした平面を構成し、プライバシー性の高い施術室を路地の終わりに設けることにした。

 

新設した壁は、段階的な改装も踏まえ、最低限の要素で浅草らしさを表現するよう間柱と合板で真壁をつくり、扉等も壁と連続したつくりとなっている。

 

外周部の内壁は既存コンクリートの腰壁を活かし、断熱材とOSB合板を新設し内部環境を整えた。

 

空間を完全に完成させずに、実際に使いながら変化を与えられるような柔軟性のある空間の骨格を設計した。

 

 

プロジェクト概要:

計画地: 東京

用途: 治療院

規模: 57m2