文化を伝承する藍の落水

 

 

美しい藍の落水が夜の新町川に浸透し、ひょうたん島周辺に拡がっ ていくようなイメージで、過去に存 在した藍倉がこの景観整備事業 を通じ光としてにじみ出てくるようなインスタレーションを考えまし た。水と緑といった恵まれた自然と、LEDという人工的な光を有す る徳島県の特徴に加え、春日橋の歴史 を遡り、藍蔵の立ち並ぶ美し い海岸の景色を情緒的な光の景観として継承します。水、緑、LED、 藍倉(文 化)、 人々がアートインスタレーションを通じひとつになることで、徳島の 新しいブランディングイメージ を構築し、他にはない周辺に調和し た美しい風景をつくりだします。春日橋がひょうたん島と周辺をつな åぐように、LEDという照明器具がただ美しい光の景観をつくるだけ でなく、過去と未来をつなぎ、徳島と 世界をつなぐひとつの架け橋 となることを強く願います。

 

 

プロジェクト概要

クライアント: 徳島市役所

規模 : 885 m2

計画地 : 徳島市、春日橋

用途 : 常設LEDインスタレーション

状況 | 2016年12月竣工

 

 

 

 

Indigo Waterfalls

 

The Kasuga bridge is a special place in Tokushima Prefecture. Since historic times, it was endowed with a good scenary of water and nature, lit with articial lighting. The beautiful coastal scenery of emotive night lighting along the awa indigo factories is truly a cultural landmark.

Via the Art installation, Water, Nature, LED Lighting and Culture (of the awa indigo) are gathered, defining a new image of Tokushima. A uniquely beautiful landscape is harmoniously fused into the neighbourhood.

Just as the Kasuga Bridge connects to the Hyotan Island, through LED lighting the past and future as connected as a lighting scenery. We hope this bridge will become a connection between Tokushima Prefecture and the World.

 

Project Facts:

Client|Tokushima City

Area|885 sqm

Location|Tokushima City, Kasuga Bridge Program|Permanent LED Installation

Status|Completed (2016)